個性と能力

世界でたった2%の人が持つ、緑色や紫の眼がとっても美しい!

あなたの眼は、どんな色ですか?

人の眼はこの24種類に分けることができます。

詳しい見分け方や特徴については、前回の記事の中でも紹介しましたが、基本的に多いのは、青やヘーゼル、茶、灰色、こげ茶。

日本人に多いのは、21~24のこげ茶の眼の色です。

つまり、このリストに入らない色の眼は、珍しい目の色だと言えます。

そもそも眼の色って何?

普段私たちが目の色として認識しているのは、下の画像で言うと「虹彩」の部分。

この虹彩のメラニン色素が多いと、光の波長がすべて吸収されることで黒い瞳に見えます。日本人はじめアジア系やアフリカ系の黒い目を持つ人たちは、虹彩のメラニン色素がとても多いんです。

そして逆に、ヨーロッパ系の人などは虹彩のメラニン色素が少ないため、光の波長が吸収されずに反射(専門用語では「レイリー散乱」と呼びます)し、その結果、青い目や薄い茶色の目に見えるようになります。

瞳孔部分は、健康的な人であれば基本的に真っ黒です。この瞳孔から光を感知しています。

眼の色をつくる3つの色素

眼の色を構成する3つの色素があります。

  • イエロー
  • ブラウン
  • ブルー

です。

この3つの色素が組みあわさり、その混合の具合によって一人一人の眼の色が決まります。

日本人的な感覚だと、黒色の眼を見慣れているので「海外ではどんな目の色もありえるんだろう」と思ってしまいがちですが、青やヘーゼルが「よくある」色なのに対して、珍しい目の色もあるんです。

珍しい目の色

世の中には、珍しい眼を持つ人がいます。

それが、緑色の目なんです。

緑色の目は、イエローをベースにブルーが入った場合にのみ形成されます。ブラウンが入ると濁るので、ブラウンの色素はほとんど入りませんが、適度なメラニン色素が必要です。

グリーンの目を持つ人の割合は、北ヨーロッパ(ノルウェーやスウェーデン、デンマークなど)に集中しています。あちらのエリアは、金髪でブルーの眼など色素の薄い人が多い印象ですね。ほかにも、南ヨーロッパ、東欧、中東、中央アジアのエリアにも緑の目を持つ人はいて、中東や中央アジアの人々の持つ緑の眼は、特に美しいと言われています。

そして、世界中を見渡すと、なんと緑色の眼を持つ人はたったの2パーセントしか存在しないのだとか。

青い目の人口よりもずっと少ないんです!

珍しい、緑色の目を持つ人たちの写真を見てみましょう

ブルーも少し強めのグリーンアイ。

黄色やヘーゼルが強い眼。

灰色味が強い目ですね。

肌の色が濃い人はメラニン色素も濃いので、眼の色は黒になることがほとんどなのですが、たまに明るい目を持つ子も産まれます。

美しい若草色の眼。

日のあたり方でわかりにくいですが、グリーンアイです。

ここまで近づいてみると、ブルーとイエローが混ざっていることがわかります。

青味の強い緑の目。

とても美しい緑眼。

緑の目を持つ有名人

有名人でも、緑色の眼を持つ人は数えるほどです。「グリーンアイの持ち主」として知られているのは、

Tom Cruise(トム・クルーズ)


by Georges Biard CC BY-SA 3.0

いわずもがな。超有名なトムクルーズも、実は緑の目の持ち主でした!

Rupert Grint(ルパートグリント)

ハリーポッターでハリーの親友ロンの役を務めた、ルパート・グリントもグリーンアイ。

Kristin Kreuk(クリスティン・クルック)


by Gage Skidmore CC BY-SA 2.0

日本ではあまり知名度は高くありませんが、世界美女ランキングで常に上位を張るカナダの女優さんです。最近では、「美女と野獣」でヒロインを演じるキャサリン・チャンドラー役で活躍していました。

Sharbat Gula(シャーバット・グラ)

ジャーナリストであるSteve McCurry氏が撮影した、世界一有名な少女写真である『アフガンの少女』に映るSharbat Gulaも、とても美しい緑眼の持ち主でした。

彼女の場合は瞳孔に近づくにつれて赤みも差していき、虹色の目になっているので厳密には緑眼ではないかもしれませんが…。

日本だと、ベッキーも緑の眼を持つことで有名

ベッキーも、とても珍しい緑色の目の持ち主です。

 

View this post on Instagram

 

Becky ベッキーさん(@becky_dayo)がシェアした投稿

この画像だと、彼女の眼の色がわかりやすいですね^^(↓)

濁りの少ない、とても美しい緑色です。

緑眼よりもさらに珍しい、紫の目

また、さらに珍しい「バイオレット(紫)色の目」を持つ人たちもいます。

バイオレットの目の色は、限りなく赤に近いブラウンと、ブルーの色の混合反射でつくられるとっても珍しい目の色です。

イエローの色素がほぼ入らないことがポイント。イエローが入るとブラウンや灰色に変わってしまいます。

緑色の眼よりも出現率が低く、アルビノなどメラニン色素が特殊な人たちの中にもバイオレットアイを持つ人は現れます。(アルビノとは、体にメラニンがない人たちで、肌や髪の毛が基本的に真っ白な人たちです。)

バイオレット色の目の有名人

この眼の色の人はめったにいないのですが、

有名人の中では、今は亡き名女優エリザベス・テイラーが魅惑のバイオレット色の眼を持つことで有名でした。

彼女はアルビノではないのですが、とても美しい紫眼の持ち主でした。

白黒映画が主流の時代でしたが、いくつかカラー写真や映画も残っていて、そこから彼女の眼の美しさを確かめられます。

 

以上、とても珍しい緑色や紫色の眼を持つ人達についてでした!!

また、目の色によって見える世界はどう違うのか?という疑問については、こちらの記事で紹介しています。(↓)

青い目の見え方
目の色による、眩しさや見え方の違いとは?【青い目から見る世界】目の色について調べていると、よく出てくるのが「明るい色の目の方が、眩しく感じやすい」という言葉。つまり、黒い目よりも青い目の方が光を感じ...