モルディブ(モルジブ)

【宿泊記】新リゾート、ルメリディアン・モルディブ!

ルメリディアン・モルディブ宿泊記ブログ

今回のモルディブ旅行ブログで紹介するのは、ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ(Le Méridien Maldives Resort & Spa)。

マリオット・ファンの間では、モルディブにあるマリオット系リゾートの中でも「カテゴリー5(3〜4万pt)で泊まれることで大注目の新ホテルです!

オフピーク スタンダード ピーク
30,000 35,000 40,000

モルディブのマリオット系列ホテル一覧記事でも紹介しましたが、ここはモルディブにあるマリオット系の中でも一番お得&おすすめです!

わたしたちももちろん、マリオットのポイントで宿泊しました!

マリオットのポイントを貯めていない人も、ポイント宿泊は圧倒的にお得だし誰でも簡単にできます。(ブログの最後に紹介してます)

もくじ

ルメリディアン・モルディブの概要

オープン日 2021年9月1日
とても新しいリゾート!
ブランド マリオット系列
フランス・パリ発の「ル・メリディアン」
エリア ラヴィヤニ環礁のティラフシ島
(首都マーレから水上飛行機で約30分)
規模 全室141室

6つのレストランとバー
島のサイズ 中サイズ:9ヘクタール(東京ドーム約2個分)
一周歩いて約25分
ホテルランク 5つ星
(マリオットカテゴリー5)

 

日本から、モルディブの首都マーレへ!

モルディブの飛行機

日本からモルディブへ直行便は今はないので、経由便。モルディブの国際空港は、首都マーレにある「ヴェラナ国際空港(MLE)」です。

  • シンガポール航空
  • スリランカ航空

この2社あたりを使うのが、最安値+最短で行くことができます。マイルが溜まっていたら、マイルを使うのもアリ!(ANAのマイルなら、シンガポール航空がスターアライアンスに加盟しています。)

今回はわたしたちは、飛行機代は自腹でいきました!時期的に結構安くて、往復15万円/人でした。

ターミナルからスムーズに出られるように、これもチェックしておきましょう!↓

モルディブに持ち込めないもの
  • アルコール飲料
  • 宗教的なもの / 偶像
  • 豚肉を含む食品

これらの持ち物は、禁止されています。特にカップラーメンやお菓子などは注意!

マーレ空港からルメリディアン・モルディブのリゾート島へ移動(水上飛行機)

モルディブの水上飛行機

マーレから各リゾート島までは、水上飛行機かスピードボートに乗って移動する必要があります。

マーレから近い一部のエリア(北マーレ環礁、南マーレ環礁)はスピードボートでアクセスできますが、それ以外は全部「水上飛行機」。ルメリディアン・モルディブも、「ラヴィヤニ環礁」という所にあるので水上飛行機利用です。

そしてこの水上飛行機、なんと夕方までしか運航されていないので、夕方以降にマーレに到着した人は強制的に空港周辺で1泊する必要があります。

わたしの時は、スリランカ航空だと現地(マーレ)に夜到着、シンガポール航空だと昼前に到着でした。モルディブ到着後すぐにリゾートに行きたいなら、飛行機の到着時間も見ておいた方が良さそう!

ルメリディアン・モルディブの水上飛行機の値段

大人
(12歳以上)
往復420ドル
子供
(2~11歳)
往復210ドル
幼児
(2歳未満)
無料

※予約後に連絡が来ますが、最新情報はBooking.comのホテル予約ページから「事前に確認!」の部分を見るとわかりやすいです。

水上飛行機の運航時間

6:00~16:00

運航時間外には移動できないので、16:00以降に到着した人は、マーレで一泊してから翌日移動することになります。

空港近くで泊まるなら「Samann Grand」というホテルが、コスパもサービスも良くとてもおすすめです!!無料の往復空港送迎込みなのも安心。立地もよく、歩いて周辺を散策できます。

ルメリディアンのチェックインは15:00〜だけど、リゾート内に荷物を預けてゆっくり過ごすスペースはあるので、何時に行っても大丈夫です。(予約後、ホテルと連絡を取り合って水上飛行機の時間を決められます。)

水上飛行機の乗り方

マーレ国際空港に到着後、空港ターミナル出口で担当スタッフが「Le Meridien Maldives Resort & Spa」のプラカードを持って待ってくれています。

予約者名を伝えると、案内してくれます!(同じスタッフが同行。)

水上飛行機の荷物の重量制限

マーレ国際線の荷物とは基準が違うので、要注意です!

受託手荷物 20kg (水上飛行機)
機内持ち込み手荷物 5kg

※超過した場合でも、空港で「5ドル/kg」の追加支払いをすれば運べます👍

水上飛行機からの景色

ルメリディアン・モルディブまでの水上飛行機は所要30分程度でした!

ルメリディアン・モルディブの水上飛行機
水上飛行機からは、空からの美しい景色をバッチリ堪能できます!(これぞ、水上飛行機移動の醍醐味!)でも酔いやすい人は、酔い止めも持って行った方がいいかも。。

リゾート島に到着。ルメリディアン・モルディブの海の美しさに感動!

ルメリディアン・モルディブ28
水上飛行機の上から、リゾート島を見渡せます。写真だと分かりにくいけど、遠浅のラグーンがとっても綺麗でした!

水上飛行機
リゾート島に到着すると、水上飛行機から降りて、上陸!荷物はスタッフが後から直接部屋まで運んでくれます。

デッキにあるオブジェ
目を引く謎のオブジェがお出迎え。沈没船がテーマかな??

到着してテンションアゲアゲの乗客のシャッターを浴びてました。笑

ルメリディアン・モルディブ1「Le Meridien」の看板とともに、リゾートのスタッフたちが、笑顔で迎えてくれました。

アウトサイドロビー
すぐに広い開放的なロビーに案内されて、チェックイン。すでに海が綺麗!目に眩しい!

ルメリディアン・モルディブ18
全員、ウェルカムドリンクがもらえました。酸味が爽やかなタマリンド・ドリンク!

この日のために、去年頑張ってマリオットのプラチナエリートの資格をGETしていったので、期待していた

  • 「スイートへの無料アップグレード」
  • 「無料朝食」

ともに叶いました✨

予約していた「ビーチバンガロー」から、「サンライズ水上ヴィラ」に大幅にアップグレード!夢の水上コテージです♪ヤッター!!

ルメリディアン・モルディブ19
本来のチェックイン時間は15:00ですが、アーリーチェックインもできたので、カートに乗せてもらってお部屋へ!

ルメリディアン・モルディブ2
カートから見える海(ラグーン)が、美しすぎる〜〜〜!!!

モルディブのリゾートには、ラグーンがある島とない島があり、やっぱりラグーンのある島は永遠に続く遠浅の海が本当に美しいです✨

移動用カートからの景色
この景色を見るだけで、すでに「来てよかった〜!」と感動。

ルメリディアン・モルディブの海の美しさについては、情報があまりなかったので余計嬉しかったです。

ルメリディアン・モルディブの部屋(水上コテージ)

水上コテージのデッキ
カートで案内されて…お部屋に到着!!!

水上コテージ(裏から)
ルメリディアン・モルディブの水上コテージは、テラスも合わせて面積が100m²あり、他リゾートの水上コテージと比べて少し広めです。

メインルーム

ルメリディアン・モルディブ25
メインルームには、クイーンサイズのベッドが1台と、ゆったりくつろげるソファが置いてあります。

ウェルカムドリンクとスイーツ
お部屋にも、ウェルカムドリンクのシャンパンとちょっとしたデザートが。嬉しい!

テラス

そして水上コテージの目玉、テラスはこんな感じ!!

ルメリディアン・モルディブ4
景色ヤバ〜〜〜〜〜!(語彙)

言葉を失う美しさとは、まさにこのこと。

部屋からの景色
遠浅の海がいつまでもエメラルドブルーに輝き、素晴らしい眺めです!!!

ルメリディアン・モルディブ6
日が影っていても、この美しさ。

ネットもあります。ネットは、ハンモックがわりにのんびりできます!ここに、ベッドのシーツと枕を持ってきてのんびりしている人も多かったです。

部屋の海に続く階段
部屋のテラス付きの、海に続く階段!

ここから泳いだり、シュノーケリングできます。(シュノーケリングセットは無料貸し出しされてます。)

ルメリディアン・モルディブ13
テラスのくつろぎスペースはこんな感じ。ビーチベッドが2台置いてあります。

テラスで乾杯
ここで海を見ながらドリンクを楽しめば、気分は大富豪。笑

バスルーム&バスタブ

バスルームも、清潔で良い。やっぱり新しいリゾートなので快適だし、設備も整ってます。

ルメリディアン・モルディブ26
洗面台スペースはかなり広めにとってあって、洗面台も2つあるのがありがたい。

そして奥には、海が見えるバスタブが…!

ルメリディアン・モルディブのバスタブ
見よ、この文句のつけようのない素晴らしい風呂を…!!!

ガラス張りの小部屋に、シャワーとバスタブがあります。

ちなみにここ、外から見るとこんな感じ。↓

バスタブ(外から)
ちゃんとマジックミラー風のフィルムが貼ってあって、見えにくくなってます。よ〜く見れば若干見えますが、日中は気になりませんでした。

目の前の海を泳いでいる人がいるかも?と思いましたが、お隣さんを見かけることはほぼなかったです。夜は、内側が明るいと丸見えです。ただ夜に目の前を泳いでいる人も皆無なので、あまり心配しなくていいです。

気になる人は、内側にロールカーテンが付いているのでそれを下げればOK!

アメニティ
アメニティはこんな感じ。ブランドは不明です。

部屋の化粧台
洗面所のすぐ隣に、ドレッサースペースもあります。

ドレッサーの左手にはトイレがあり、ウォッシュレットは付いていないけど、ハンドシャワーがあったので、水で流したい派の人も安心です。(冷水ですが…)

ルメリディアン・モルディブ31
部屋からの景色は本当に美しくて、いつどんなタイミングで見ても、ため息が出ました。

 

ルメリディアン・モルディブのレストランと食事

ルメリディアン・モルディブには、レストランが6つあります。

Turquoise
(ビュッフェ)
Tabemasu
(日本食)
Velaa Bar+Grill
(グリル)
Waves Cafe
(軽食)
Riviera
(バー)
Latitude
(カフェ)

上の3つが、メイン・レストランです。

公式のこちらのページから、営業時間など確認できます。

ドレスコードについて

RivieraとLatitudeはドレスコードなし。カジュアルに楽しめます。

そのほかのレストランは「スマートカジュアル」なので、男性は襟付きシャツ+半ズボン+靴でOK。女性はワンピース+サンダルで問題なしです。

朝食(Turquoise)

ランチの会場
朝食会場は、Turquoise(ターコイズ)というレストラン。

ビュッフェスタイルです!

ルメリディアン・モルディブの朝食
  • いろんな種類のパン
  • いろんな種類のペストリー(菓子パン)
  • シリアルやスイーツ
  • いろんなハム、チーズ
  • 自家製野菜のサラダ
  • フルーツいろいろ
  • 目の前で焼いてくれる卵料理(オムレツなどオーダーできる)
  • パスタなどおかず系
  • フレッシュジュース

などなど、かなり種類豊富です!!

ずっと滞在していても飽きない。

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事6
なぜか中華(肉まん)もありました。オーダー・ヌードルのコーナーもあります。アジア料理多め。

あと、バリスタもいてコーヒーも頼めます。

朝食会場から見える、ビーチビーチの目の前のロケーションなので、景色も最高です。

こんな景色を目の前に朝ごはんを食べていると、早く海に泳ぎに行きたくなります!!

朝食ビュッフェ
屋内の席と屋外の席が自由に選べます。

朝食付きプランではない場合、1回+30USD/人で朝食ビュッフェを楽しめます。(プラチナエリート以上の人は、無料朝食も選べます。)

Turquoiseは昼も夜も営業していて、アラカルトも楽しめます。アジア料理やモルディブ料理が多かったです。

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事2
夜(ディナータイム)はこんな感じ。

Velaa Bar+Grill(グリル)

ルメリディアン・モルディブ15
ランチやディナーで「カジュアルに、でもしっかりしたもの」を食べたいなら、昼と夜営業の「Velaa Bar+Grill」がおすすめ。

ターコイズのすぐお隣にあります。

ルメリディアン・モルディブのプール6
Velaa Bar+Grillの目の前にはホテルのプールとビーチが広がっていて、ロケーションも最高です!

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事3
鰹のたたき。

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事1
ピザ、タコス、鰻丼など。

ピザは種類も豊富で美味しかったです!

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事5
ディナーで食べたステーキ。

伊勢海老グリル
ロブスター。さすがグリル専門店。焼き加減もよく、美味しい!!

ルメリディアン・モルディブのレストラン食事4
デザートもいろいろ。

どれをオーダーしても、ちゃんと美味しいです!

コスパも良く、ここのリゾートで一番お気に入りのレストランでした。

Tabemasu(日本食)

ここは、ディナーのみ営業の日本食レストラン。ルメリディアン・モルディブの一番気合が入ったレストランです。他のレストランと比べて、値段もかなりお高め。

桟橋の途中にあるこの丸い建物が、レストラン会場です。


水上レストランです!

ここでは、6プレートのコース(Omakase)が130USDで頼める他、アラカルトもたくさんありました!

ただ…やっぱり日本人が海外の日本食レストランをレビューすると、どうしても厳しくなってしまう…😂

最初の夜にワクワクしながら行きましたが、コスパ的にも満足はできず、それ以降行くことはありませんでした。。日本食は帰国後に食べます。笑(写真も全然ない…)

あまり期待せずに行けば、それなりに楽しめると思います!!(←失礼)

その他(カフェ、バーなど)

ルメリディアン・モルディブのプール3
昼〜夜営業の「Riviera」は、島の西にあるメインプールの目の前のバー。お酒の種類がとても豊富です!18歳以上のみ利用可能。

夕方には、お得になるハッピーアワーもやっていました。

西側にあるので、海に沈む夕日を眺めながらお酒を楽しめるということで、人気です!!

ルメリディアン・モルディブ5
わたしはお酒をあまり飲まないのでほとんど行かなかったのですが、お酒好きのお客さんたちはここに通い詰めてました。笑

バーの椅子
ラタンで編んであるこの椅子がかわいい!!欲しい!!ってテンション上がりました。

 

昼のみ営業のWaves Cafeは、ジムの建物の下にある軽食カフェで、規模はかなり小さめ。軽くメニューを覗いた時には、トルティーヤ・ラップやフルーツ・スムージーがありました。

ジムを利用する人や、軽くランチを済ませたい時に便利そうです!(でも立地的になかなか行かない…)

特別なオプション

ロマンチックディナー

サンセットディナー
ちょっとお高めですが、砂浜でプライベートに楽しめる「ロマンチックディナー」もあります。

コースで楽しめて、ロケーションもいろいろ。リゾート島の敷地内でやっている人もいたし、近場の無人島まで連れて行ってくれる特別な「ロマンチックディナーツアー」もあるみたいです。

ハネムーンやカップルで行く人は、ぜひ!

ルームサービス

あとルームサービス・メニューも豊富にあるので、部屋でご飯を食べることもできます。

プール付きの部屋なら、フローティング・ブレックファスト(プールに浮かべた大きなバスケットに朝食を乗せて、部屋で楽しむ朝食)も頼めるみたいです!

フローティングブレックファスト
これは別のリゾートの写真だけど、こういう感じの朝食です!

ルメリディアン・モルディブのビーチ!

ビーチモルディブのいろんなリゾート島を訪れてきましたが、ここのビーチは指折りの美しさです!!!!

ルメリディアン・モルディブのビーチ3
これぞ、モルディブ!」という景色が広がります。

ルメリディアン・モルディブのビーチ1
島を囲む白砂のビーチ!砂もサラサラです。

全部行ったわけではないけど、モルディブにあるマリオット系ホテルの中でもNo.1なんじゃないかな…?!それくらい綺麗でした!

 

ビーチのリラックス・スペース

ルメリディアンのビーチとビーチチェア
ビーチには、パラソルやビーチチェアが置いてあって、宿泊客は自由に使えます。

ビーチノカバナ
こんなおしゃれなビーチベッド・スペースも!

海が見えるプール

ルメリディアン・モルディブのプール5
レストラン「Velaa Bar+Grill」の目の前のプールは、美しい海が見えて人気スポットでした!!もちろん、誰でも使えます。

ルメリディアン・モルディブのプール1
人気スポットと言っても、写真を見れば分かる通りそんなに人いません

このリゾートはどこも混んでいないので、他のリゾートのような「ビーチベッドの取り合い」がなく、リラックスして過ごせました。

ルメリディアン・モルディブのプール2
この写真の左の方に少し写っているプールは、とても浅い「キッズ・プール」。子供でもプールを楽しめます♪

島一番のフォトジェニック・スポット「海のブランコ」

ルメリディアン・モルディブ7
あ、あれはもしや…!

ルメリディアン・モルディブの海のブランコ6
やっぱり…

ルメリディアン・モルディブの海のブランコ5
海のブランコだーーー!!!(テンション爆発🔥)

ルメリディアン・モルディブ10
背景の海の色が、めちゃくちゃキレイ…✨✨

ルメリディアン・モルディブの海のブランコ4
ルメリディアン・モルディブに来たら、ここでの記念撮影はマストですね!!!

緑もいっぱい

ルメリディアン・モルディブ17
結構広いリゾート島なので、散策も楽しいです!

ルメリディアン・モルディブのジャングルロード3
ルメリディアン・モルディブの島内は、自然がいっぱい!!南国植物のジャングルのような道があり、散策ができます。

昼間は、日差しがあまりに強烈でムシ暑いので、そんなにしっかり歩いてないですが…笑

ルメリディアン・モルディブのジャングルロード2
夜はライトアップされていて、風も涼しく、ディナー後の散歩にピッタリです!

ルメリディアン・モルディブのジャングルロード1
大量の電気がぶら下がった、とてもフォトジェニックな木。映画『アバター』に出てきそう!笑

椰子の木のあるエリア
ビーチの方には、椰子の木もたくさん生えています。ヒョロ〜〜っと高い!

海が見える位置にハンモックもかかっていて、散歩の休憩にぴったり。

ルメリディアン・モルディブ9
でもやっぱり、ビーチでのんびりするのが一番♪

ルメリディアン・モルディブのアクティビティ

ルメリディアン・モルディブは、アクティビティも豊富です!

島内にマリン・ショップ(マリンアクティビティを提供している専門サービス)もあり、しかも無料アクティビティもいろいろあるので、アクティブ派もしっかり楽しめます。

ハウスリーフでシュノーケリング

ルメリディアン・モルディブの魅力は、ビーチだけじゃない!!

海外ブログで情報集めをしていた時に、ルメリディアン・モルディブはハウスリーフのレベルもかなり高いということを知って、とっても楽しみにしていました!!

ハウスリーフとは、リゾート島周辺の「泳いでいける範囲にあるサンゴ礁」のこと。

ハウスリーフが綺麗な島では、わざわざシュノーケリング・ツアーにお金を出さずとも最高の水中景色を堪能できるので、わたしの中では「良いモルディブリゾート島の条件」の1つにしている重要ポイントでした。

そんな期待していたルメリディアンのハウスリーフ…

期待通り、とっても良かったです!!!

ここに泊まる人は、絶対にシュノーケリングしてほしい!!スタッフにおすすめポイントを聞いて、泳いで行ってみてください。

ハウスリーフ
↑画質悪すぎるけど、ウミガメがいるんです…!

あと、写真はないけど大きめのスティング・レイ(エイ)にも出会えました。エイは、シュノーケリングしなくても水上コテージの方にもよく来ていました。

「ドロップオフ(海の中の崖のようなところ)」まで行くと、美しいサンゴ礁が広がっていて、魚もたくさんいます!遠浅で砂地が長いので、ドロップオフまでは結構遠いけど気合いで頑張って泳いで!!


島の北の方に、素晴らしいシュノーケリングスポットが集まっています。

ルメリディアンのある「ラヴィヤニ環礁」は、環境的にもシュノーケリングやダイビングに最適なエリアで、ルメリディアンの島の周辺にもダイビングスポットがたくさんあるんだそう!

モルディブにある数百のリゾート島の中でも、「遠浅のビーチ」と「豊かなハウスリーフ」の両方を楽しめるリゾート島はレアなのです。

ルメリディアン、なんて恵まれた島なんだ…!

(水中写真はまだデータを取り込んでないので、またこのブログに載せます!)

無料のアクティビティ

ルメリディアン・モルディブで無料で楽しめるアクティビティは、このあたり。↓

  • パドルボード
  • カヤック
  • グラスボトム・カヤック
  • シュノーケリング

パドルボードとカヤック、グラスボトム・カヤックは貸し出し時間が決まっていますが、シュノーケリングセットは滞在中ずっと借りていられるので、いつでも好きな時にシュノーケリングに出られます。

有料アクティビティ

有料だと、全部ガイド付きでいろんなアクティビティが楽しめます。

  • ダイビング
  • バナナボート
  • ウォータースキー
  • ウィンドサーフィン
  • 釣り
  • アイランド・ホッピング(周辺の島めぐり)

などなど。

釣りで釣った魚は、30ドルくらい払うとレストランで調理してくれて一石二鳥!笑

スパでマッサージ

アクティビティなどで疲れたら、リゾート内のスパでマッサージもしてもらえます。

いろんなメニューがあって、やっぱりリゾート価格なのでお高めです。それでも、究極の贅沢を楽しめます!

スパ
マッサージベッドの頭部分の床に、ガラスの窓が!ここから海が見えます。魚も見えるかな…?

ルメリディアンの、予約前に知っておきたい情報

これからルメリディアン・モルディブに行きたい人が、事前に知っておくとよい情報をちょっとまとめてみました。

食事はハーフボード・フルボードという選択肢もある

ルメリディアン・モルディブの食事は、毎回(部屋付けで)払うこともできますが、事前に定額で払うお得なプランもあります。

それが、「ハーフボード」と「フルボード」というプラン。

ハーフボード
(1日95ドル/人)
・朝ビュッフェ
・夜のビュッフェor3プレートコース(Turquoise、Velaa Bar+Grillどちらか)
※ドリンクは含まない
フルボード
(1日230ドル/人)
・朝ビュッフェ
・昼(どこでもOK)
・夜のビュッフェor3プレートコース(どこでもOK)
・全てのドリンク(部屋のミニバー含む)
※シャンパン、ルームサービス、特別なディナーは別料金

ハーフボードとフルボードの大きな違いは「ランチがつくか」と「ドリンクがつくか」。あとフルボードだと、ディナーにtabemasuを選べます。

フルボードは、いわゆる「オールインクルーシブ」ですね。お金の計算から解放されたい人や、お酒をたくさん飲む予定の人は、フルボードでもいいかもしれません!

ちなみに、プラチナエリート以上の人で「朝食」を無料サービスで選ぶ人は、ここから「-30ドル」の値段でプランを追加できます。(ハーフボードは65ドル、フルボードは200ドル)

プラチナエリート以上の人は、ドリンクやフードの20%割引が受けられますが、フルボードやハーフボードにはこの割引は適用されません。

わたし達は遠慮なく食べまくりましたが、3泊4日で2人分の食費は8万円くらいでした。

たぶん、

  • 朝食が無料だった
  • アルコールをほとんど飲まなかった
  • プラチナエリートの20%オフ

それで、結構安かったのだと思いますが…なので、これらのプランは必要ありませんでした。

自分たちが過ごしたいスタイルに合わせて選ぶのが良さそうです!

希望者は、フルボードとハーフボードどちらのプランも、リゾート到着後に追加できます。

「サンライズ」と「サンセット」、どちらの部屋が綺麗?

ルメリディアン・モルディブの水上コテージには、

  • 「サンセット(西向き)」
  • 「サンライズ(東向き)」

の2種類があります。(あとさらに上のグレードにプール付きもある)夕日が見えるサンセットの方がグレードは上です。

でも、わたし的におすすめなのは実はサンライズ(東向き)の方。

わたしが泊まったのは、この記事(↓)の左隅の黄色い★マークの部屋。

ルメリディアン・モルディブのリゾートマップ(地図) (1)
なので、サンライズ側(東側)です。

どちらの方向の部屋でも、モルディブらしい遠浅の海はしっかり楽しめるのですが、海外ブログなどで事前に見比べてみたら「サンライズ(東)」の方が綺麗でした!(ほぼ変わらないけど)

サンセット(東)は、こんな感じ。↓

東側の海(ルメリディアン)
黒い部分(サンゴ礁)がより近く、わたしたちが泊まった部屋から見えた「ずっと続く遠浅の海」とはまた少し違った景色です。

景色以外のメリット・デメリットを比べると、こんな感じ。

サンセット
(西向き)
サンライズ
(東向き)
メリット ・部屋から夕日を楽しめる ・日差しがキツイ午後は、テラス部分が影になって過ごしやすい

・シュノーケリングポイントに泳いでいきやすい

デメリット ・午後は日差しがキツイ、テラスに直射日光が当たる

・カレント(潮の流れ)が強め

・夕日が部屋から見られない。朝日が見られるけど、わざわざ起きたくない(笑)

サンライズ側は、島のシュノーケリングスポットに面しているので泳いで行きやすいです!

シュノーケリングスポット
わたしはシュノーケリング大好きなので、これは便利でした!

逆にサンライズは、島の外を向いているので潮の流れが強めで、シュノーケリングスポットも特にないので、あまり人は泳いでいませんでした。

あと、午後のモルディブの直射日光は強烈です。サンセットに泊まってた方は、午後の晴天時はのんびり過ごせないほど暑いかったらしく、午後はいつも島のカフェに逃げてのんびりしてました。笑

あまり日焼けしたくない人はサンライズの方がいいかも。

ルメリディアン・モルディブのサンセット(夕日)1
でも、サンセットの部屋でのんびりくつろぎながら見える夕日は、きっと最高だと思います。

ルメリディアン・モルディブ1
サンライズの部屋からは、右の方にルメリディアンのリゾート島が見えました。

ちなみに…わたしが泊まった時は、まだ西側の桟橋エリアしか開放されていませんでした。なので東側桟橋の部屋がどんな感じなのかは、不明です。。

でも、西側桟橋のサンライズの部屋が最高なのは間違いないです!!

というわけで、

  • 景色
  • 午後の過ごしやすさ
  • シュノーケリングのしやすさ

を比べると、わたし的にはサンライズの方がおすすめ!!

もし水上コテージに泊まるなら、わざわざリクエストするのもアリだと思います。

水上コテージを確約できる

ポイント宿泊の場合、ルメリディアンはカテゴリー5なので「3〜4万ポイント」で泊まれるのですが、追加料金orポイントを支払うことで、最初から水上コテージを確約することもできます。

必要な追加料は以下の通り。↓

サンライズ 50ドルまたは10,000ポイント/泊
サンセット 150ドルまたは30,000ポイント/泊

サンライズの方がだいぶお得です!
(こっちの方がおすすめなのに!笑)

ハイシーズンだと予約が埋まっていて、上級会員で無料アップグレードされても水上コテージには泊まれないことがあるので、そういう時期は確約が良さそう。

どうしても水上コテージに泊まりたい人も、確約するのがおすすめです!

ポイントで4連泊予約で、+1泊無料!

マリオットのポイントで4泊予約すると、なんと1泊分無料になります!

1件のご予約 (1つの予約確認番号) で無料宿泊特典またはPointSaversアワードを利用したポイント交換滞在で5連泊される場合は、4泊分のみのポイントでご予約になれます

参考:マリオット公式利用規約

つまり4泊分のポイントで5泊できるということ!実質20%OFFですね。

なので、もし時間があるなら、この特典を利用しない手はないです!!

それに、ルメリディアンは5泊してもいいくらい素晴らしい島です👍

他のマリオット系リゾート島にも行きたい!という人も多いと思いますが、、ここだけでも十分最高のモルディブを味わえます!(モルディブマニアのお墨付き。笑)

まとめ&今回の旅行にかかった費用

桟橋からの景色

今回かかった、2人分の旅費を計算してみました!!

飛行機
(日本↔︎モルディブ)
30万円
水上飛行機 840ドル(約9万円)
宿泊費 0円(ポイント宿泊)
食費 約8万円
その他
アクティビティ、チップなど
約4万円

合計:51万円(25万5,000円/人)

めちゃくちゃ安く、ルメリディアン・モルディブを満喫することができました♪

宿泊費は、本当はポイント購入もしているので「無料」ってわけではないのですが…それでも、一泊30万円するような水上コテージに「1/10」のポイント数で泊まれた(1pt=10円相当)事実はスゴい!

(ポイントが貯まっていなくても、定期的に1pt=1円くらいで購入もできるので、本当に1/10の価格で泊まれてる感じです。)

二人でたったの50万円ちょっとで、こんなに条件のいい島の、しかも水上コテージに泊まれることなんて普通はまずないので、本当にマリオットポイント貯めててよかった!!!

モルディブらしい美しいビーチあり、憧れの水上コテージあり、ハウスリーフも美しく、いろんなモルディブリゾートを巡ってきた私的にも「文句ナシ」の最高のリゾートでした!

ルメリディアン・モルディブのサンセット(夕日)3
また絶対にリピートしたいです!!

誰でもカンタン。お得なポイント宿泊の方法

すでにマリオット会員の方は、ここはスキップして大丈夫です!

「どうやったらポイントでお得に泊まれるの??」という人へ。

ポイント宿泊は、誰でも簡単にできます!

  1. Marriott Bonvoyに入会する(完全無料)
  2. セールのタイミングで、マリオットポイント購入
    2〜3ヶ月に1度やっているセール期間に買えば、+50%増量などで購入できるので、できればセールを待ちましょう!
  • 購入上限
    一年間に購入できるポイントは、10万ptまで。これだけでもルメリディアン(カテゴリー5)には2〜3泊できますが、それ以上ポイントが必要な場合は「2年かけて20万pt買う」「クレカ発行」などがいいです(クレカは年会費も結構かかるので、そこは注意)
  • ポイントを購入できるタイミング
    基本、Marriott Bonvoyに入会後30日以上経たないとポイント購入はできないのですが、「」というサービスを使えば、ポイント予約後60日間or宿泊の14日前までにポイントを買っておけばOKです。

セールのタイミングに、5万円分以上まとめてポイントを買えば、だいたい1pt=1円くらいのレートで買えます。(円高だとよりお得になる)

こうしてポイントを事前に用意しておけば、普通に予約して泊まるよりも圧倒的にお得にルメリディアンに泊まれる、というわけです!

この「Marriott Bonvoy」に入会するには、公式サイトからの新規入会のほか、すでに会員の人からの紹介制度を利用して申し込む方法があります。

そして、公式よりも「紹介」で入った方が、ポイントがもらえてお得です。

  • 公式サイトからの入会:0ポイント
  • 既存会員からの紹介入会:最大10,000ポイント(1泊毎に2,000pt)

もちろん、わたしからも紹介できるので、希望の方は「infoあっとマークnishihara.website」にメールをいただければ、すぐに招待コードを発行します!

※個人情報の保管は一切しません
※私からマリオットに、紹介希望者のメールアドレス宛に招待コードを送るよう申請を出すだけなので、私からの個人連絡はありません

タイトルに「マリオット紹介希望」と書いていただければ、本文は何も書かない空メールでOKです。お名前も不要。紹介に必要なのはメールアドレスだけです。(本当はこのブログ記事に書ければいいのですが、メールでの紹介が必須な仕様なので…面倒ですみません。。)

ポイントを使う予約は、ポイント予約のページがあるのでそこから予約すればOK。日本語の電話でも確保できて、結構簡単です!

 

ルメリディアン・モルディブ、本当に想像を遥かに超えるほど素晴らしいリゾートだったので、ぜひたくさんの人に泊まってみてほしいです😄

ルメリディアン・モルディブのプール4

以上、ルメリディアン・モルディブの宿泊記でした!

モルディブ旅行を、グッと安くする方法!

モルディブに行く人に絶対におすすめなのが、「モルディブ専門旅行会社」に頼むこと!

わたしがモルディブ・ツアーを格安で予約した方法を紹介してます。(↓)

【体験談】格安で理想のプランを作れる、モルディブツアーの探し方。

大手旅行社の何倍もコスパの良い、最高のプランを作ってもらえて本当におすすめです^^