海外旅行

ガラパゴス諸島の知っておきたいダイビング情報:ベストシーズン、値段、ダイビングショップ

ガラパゴス諸島の、行く前に知っておきたいダイビング情報を紹介します。

ベストシーズン、値段、ダイビングショップの見つけ方など。

ダイビングショップの見つけ方

ガラパゴス島に行くまでが少し大変ですが、ついてしまえばメイン島のメインストリートにいくつもショップが出ているので、簡単です👍

基本的に予約は不要で、到着してから探すのがいいと思います。




どこのダイビングショップに頼んでも、ポイントはすべてボートダイビングになり、レンタル込み、サンドイッチなどの軽い昼食も付いてきます。

次の日に行くポイントが、ダイビングショップの前の看板に出ているので、行きたいポイントを選んで料金を聞きます。

2014年2月に行ったときは、だいたいボートダイブ2本で110米ドルでした。

が、2016年言った人に話を聞いてみると、120や130ドルというところが多かったようです。

ポイントによっても値段は違うので、いろんなダイビングショップに聞くといいと思います。

 

ベストシーズンは?

ガラパゴス諸島は、季節が乾季と雨季に分かれ、

12月~5月の冬と春の時期が雨季で、

6月~11月の夏と秋の記事が乾季です。

求めるものによってベストシーズンが違うのですが、

潜りやすい水温なのは、12月~5月の雨季です。水温が20度弱~28度ほどと高く、ビギナーにはこの時期がおすすめです。

もし、魚影の濃さや大物狙いなのであれば、水温がぐっと下がる6月~11月の乾季がおすすめ。

この時期には、クルーズ船でダーウィン島に行けばかなりの確立でジンベエザメを見ることが出来ます!

それでも、15度くらいの水温で潜ることになるのでかなり寒いのを覚悟で挑戦してください^^

 

また、雨季であっても水温はかなり変わりやすく、いきなり5~10度下がったり、上がったり。

潮の流れがものすごく速いポイントもあるので、どのシーズンに行くにしろ経験はあったほうがいいと思います。

一般的に、ガラパゴスの海でダイビングをする推奨レベルは中級~上級です。

今回私は、潜りやすい雨季に行ってきたので、

次行くときには、乾季にクルーズ乗ってダーウィン島行くぞ!!