モルディブ(モルジブ)

モルディブのマリオット系列ホテル一覧【2022】一番おすすめはここ!

モルディブのマリオット系列ホテル一覧2

モルディブには、マリオットボンヴォイの系列ホテルが合計7つあります。

そしてモルディブは、世界一お得にポイント宿泊できる国でもあるので、マリオットボンボイプレミアムカード保持者は要チェック!

カテゴリー別マリオット系ホテル(@モルディブ)

モルディブのリゾート島
カテゴリー5
(1ヶ所)
ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ
カテゴリー6
(1ヶ所)
シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ
カテゴリー7
(1ヶ所)
ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート
カテゴリー8
(4ヶ所)
JWマリオット・モルディブ・リゾート&スパ

Wモルディブ

ザ・リッツ・カールトン・モルディブ・ファリアイランド

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート

※最新情報は公式ページからもチェックできます。(マップはこちら

それぞれのカテゴリーごとに、以下のポイント数で宿泊できます。

カテゴリー オフピーク スタンダード ピーク
5 30,000 35,000 40,000
6 40,000 50,000 60,000
7 50,000 60,000 70,000
8 70,000 85,000 100,000

カテゴリー8のホテルは、安くても1泊30万円するような超高級ホテルばかり…!

なので、ピーク時でも10万ポイントで宿泊できてしまうのは本当にお得なんです。

さらに、最近OPENしたばかりの「ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ」はカテゴリー5ですが、1泊20万円くらいはする高級ホテル。

なぜこんなに破格で泊まれちゃうのか、驚きです…!

宿泊以外にかかるお金

モルディブ旅行の際には、宿泊費だけでなく他に意外なところでコストがかかります。

リゾート島の移動費用比較

水上飛行機

まず宿泊費以外でかかってくる大きな出費が、リゾート島までの移動費

モルディブは「1島1リゾート」なので、ホテルがあるのはすべて離島。首都マーレに国際線で到着してからリゾート島まで、さらに移動しないといけません。

移動には、基本的にリゾート側が提供している有料の移動手段(水上飛行機orスピードボート)を使って移動するのですが、その料金がかなり高い!!!

宿泊費が浮いても、そこを考えておかないとトータルの旅行費は計算できないので、それぞれのリゾートまでの移動費も知っておきましょう!
値段 所要時間
JWマリオット・モルディブ・リゾート&スパ 大人:往復600USD(税込)
子供(2~11歳):往復360USD(税込)
幼児(2歳未満):無料
水上飛行機で約55分
Wモルディブ 大人:往復505USD(税込)
子供(2~11歳):往復267USD(税込)
幼児(2歳未満):無料
水上飛行機で約25分
ザ・リッツ・カールトン・モルディブ・ファリアイランド 大人:往復678USD(税込)
子供(11歳以下):往復339USD(税込)※約2倍の値段で水上飛行機にもできる(所要10分)
スピードボートで45分
セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート 大人:往復744USD(税込)
子供(11歳以下):往復499USD(税込)
水上飛行機で約45分
ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート 大人:往復500USD(税込)
子供(2~11歳):往復250USD(税込)
幼児(2歳未満):無料
水上飛行機で約30分
シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ 無料 スピードボートで10分
ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ 大人:往復420USD(税込)
子供(2~11歳):往復210USD(税込)
幼児(2歳未満):無料
水上飛行機で35分

※最新情報は、各ホテルの公式ページをチェックしてください。Booking.comのページがわかりやすいです。(↑各ホテルのリンクで確認できます。)

この中でも目を引くのは、シェラトンの無料!他リゾートでは最低数万円/人かかる中で、これはお得ですね!!

水上飛行機は、遅くても16:00ごろまでしか運航していないので、ほとんどの人はマーレに到着した日は1泊適当なホテルで宿泊する必要があります。

でもマーレ周辺の適当なホテルで泊まるくらいなら、せっかくなのでシェラトンのリゾート島まで無料で行って、1泊〜数泊泊まるのもアリかも。その後で違うリゾートに移動することもできます!

モルディブ滞在の時間を1日でも有意義にしたいなら、最初シェラトン→次に違うリゾートという感じで2島滞在するのは大いにアリ!私だったらそうします!!

滞在中にかかる費用(食費・アクティビティ代など)

滞在中にかかるだろう費用は、このあたり。↓

  • 食費
  • 有料アクティビティ
    (マッサージ、クルーズ、離島トリップ、シュノーケリング、ダイビングなど)
  • チップ

アクティビティにかかる費用は?

シュノーケリング

アクティビティ代は、各リゾートによって値段が全然違います。(最高級のリッツは、やっぱりお高め😂)マッサージ、クルーズ、ダイビング、無人島ピクニックなど、何をしても基本100ドル/人くらいはかかります。

アクティビティ系を節約したいなら、安めのリゾートで一通り済ませておいて、それから高級なリゾートではただただのんびりする、というのがいいと思います。

食事の費用は?

参考予算はこれくらい。

朝食 30ドル/人〜
ランチ アラカルト40ドル/人〜

ビュッフェ60ドル〜

ディナー アラカルト:50ドル/人〜

コース:100ドル/人〜

プラチナエリート以上の資格を持っているなら、朝食無料サービスラウンジ利用(ドリンク・軽食あり)も可能。これだけで、かなりの食費が浮く…!(ランチの代わりにラウンジで軽食食べればOKですしね!)

子連れの場合は、キッズ・フレンドリーなリゾートを選ぶだけでとてもお得になります。
例えば、なんとシェラトンは11歳以下の子供はレストランでの食事が無料!!

お得に泊まれるのはどこ?

いろんなコストを考えると、シェラトン・モルディブが一番安く済みそう

でも、シェラトンは「わあ〜〜!モルディブ!!」というハイレベルなビーチはなく、ハウスリーフも最近はイマイチなので、他のリゾートと組み合わせるのが◎。

カテゴリー5のルメリディアン・モルディブは、ビーチもサンゴ礁も素晴らしい&ポイント数も少なく泊まれて文句なしに最高なので、これから超人気になっていくと思われます!!

マリオット系の7つのリゾート島比較

シュノーケリング3

リゾート選びによっては、他リゾートでは有料で楽しむようなアクティビティも、無料で楽しむこともできます。

例えば、ハウスリーフ(リゾート島周辺の、泳いでいける範囲にあるサンゴ礁のこと)が綺麗な島は、シュノーケリングツアーにお金を出さずとも無料で最高の水中景色を堪能できます。

なので、「島がもともと美しいリゾート」を選ぶのがポイントです!!

島の比較ポイント3つ

注目するべきポイントを紹介します。

①ハウスリーフは綺麗か?

美しい珊瑚礁
↑ハウスリーフが美しい島

ハウスリーフの美しさは、リゾートによって全っっ然!違います。シュノーケリングをたっぷり楽しみたい人は、ハウスリーフの美しいリゾートを選ぶのがおすすめ!

白化した珊瑚
↑ハウスリーフが微妙な島。珊瑚が死んで白化してます…。

②サンドバンクがあるか?

さらに、リゾート島に美しい砂洲(サンドバンク)広めの砂浜エリアがあれば、わざわざ景色のいい小島に遊びに行く有料ショートトリップに参加しなくても、モルディブらしい美しいビーチをいつでも楽しめます!

モルディブのサンドバンクの島
↑サンドバンクの風景

③景色はどうか?(ラグーンはある?)

さらに「景色」で選ぶなら、ラグーンのある島を選べば「これぞモルディブ!」という感じの、眩しいほどカラフルな水色のグラデーションが見られます!

モルディブのラグーンのある島の景色
↑ラグーンのあるリゾートの景色。

だから…

島選び、めっちゃ大事です。

それぞれの島の立地(美しい島かどうか)を見ていきましょう!

ハウスリーフの評判が良い

JWマリオット

Wモルディブ

ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ

サンドバンクがある

モルディブの砂州

ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ
ラグーンがある

モルディブのマリンアクティビティ

ザ リッツ カールトン モルディブ

ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ

サンドバンクやラグーンがなくても、ビーチ自体はどこも白砂で美しいです!!

が、やっぱり景色やサンゴ礁で比較すると大きな差があります。

7つの島の美しさを比較してみた

表にまとめました!

ホテル 特徴
JWマリオット・モルディブ・リゾート&スパ

JW Marriott Maldives Resort & Spa

ハウスリーフがいい!!

景色の美しさはまあまあ

Wモルディブ

Wモルディブ

ドロップオフのハウスリーフがいい!

景色の美しさはまあまあ

ザ・リッツ・カールトン・モルディブ・ファリアイランド

ザ リッツ カールトン モルディブ

景色が遠浅で綺麗!

ハウスリーフは微妙…。

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート

ハウスリーフはかなり残念💧

景色もまあまあです。

ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート

ウェスティン・モルディブ・ミリアンドゥーリゾート

ハウスリーフも景色もまあまあです。
シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ

シェラトン・モルディブ・フルムーンリゾート&スパ

ハウスリーフも景色もそんなに…。
ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ

ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ

北側のハウスリーフが最高!(泳いで500mなのでちょっと遠いですが)

ビーチも遠浅でミニラグーンの美しいグラデーションが楽しめます。

※最新情報は、各ホテルの公式ページをチェックしてください。Booking.comのページがわかりやすいです。(↑各ホテルのリンクで確認できます。)

島の美しさランキング Best.3

7つ中からトップ3をランキングにするとこんな感じ!

マリオット系の中では、ビーチと景色がとにかく一番綺麗!サンゴ礁も北側の方に素晴らしいハウスリーフがあります。非の打ち所がない島です!!
島はシュノーケリングには少し物足りないけど、遠浅のビーチはとても美しいです!

 

ハウスリーフの評判がいい2カ所が同率3位です。この2つの島は環境的には似ているので、食事や部屋などが好みの方を選ぶのがいいと思います!

 

比較すると、島の立地(サンゴ礁、ビーチの景色など)はルメリディアンがNo.1です!!

ぶっちゃけ、モルディブで一番おすすめなマリオット系リゾートは?

モルディブで一番おすすめなマリオット系リゾートは…ずばり!!「ルメリディアン・モルディブ」です!

  1. 「カテゴリー5」で泊まれる
  2. 水上飛行機に乗れる割には、移動費もリーズナブル
  3. ハウスリーフも、ビーチも抜群にキレイ
  4. 設備も新しい

…というわけで、本当におすすめ!!

特に、カテゴリー5なのに「美しいハウスリーフ」と「美しいビーチ」をしっかり楽しめるのは、高評価!

いま、モルディブで一番お得なリゾートだと思います♪

これからマリオットのポイントでモルディブ旅行を考えている人は、ぜひ検討してみてください😄

 

マリオット系でおすすめ度No.1のリゾート「ルメリディアン」に、実際に泊まった時の宿泊記に続きます!!↓

ルメリディアン・モルディブ宿泊記ブログ
【宿泊記】新リゾート、ルメリディアン・モルディブ!今回のモルディブ旅行ブログで紹介するのは、ルメリディアン・モルディブ・リゾート&スパ(Le Méridien Maldives Reso...
モルディブ旅行を、グッと安くする方法!

モルディブに行く人に絶対におすすめなのが、「モルディブ専門旅行会社」に頼むこと!

わたしがモルディブ・ツアーを格安で予約した方法を紹介してます。(↓)

【体験談】格安で理想のプランを作れる、モルディブツアーの探し方。

旅さがし」というサイトで希望に合うリゾート島探しを頼むと、大手旅行社の何倍もコスパの良い、最高のプランを作ってもらえて本当におすすめです^^
こちらの記事もおすすめ