海外旅行

【ウユニ】おすすめホテルBest3と、選ぶ時の注意点。雨季は早めの予約を!!

ウユニ塩湖(ボリビア)

今回は、ボリビアの絶景「ウユニ塩湖」に行く予定の人向けに、ウユニ塩湖行きツアーの起点となる町「ウユニ」でおすすめの宿・ホテルを紹介します。

ちなみに、最初に言っておくと、ウユニの町には事前予約できるホテルやホステルの数が限られています。また、チェーンホテルもなく地元の人の経営している小さなホテルがほとんどなので、だいたいの場合、町についてから「飛び込み」で宿を訪ね歩くことになります。(特にバックパッカーなど。)

しかし、短期旅行者の場合、ホテルが見つからなかったり、変なホテルに当たると結構大変なので、ウユニ塩湖に行きたい人向けに、事前予約できるホテルをまとめました。

これからウユニに行く人の参考になれば幸いです!!

ウユニのホテル選びの、5つの条件

ウユニのホテルを選ぶ際に注目しておきたいのが、以下の5点。

  1. ウユニの中心地から遠くない
  2. 外国人観光客からの評判が良い
  3. 部屋のセキュリティ―がきちんとしている
  4. 門限がない
  5. 洗濯サービスがある

それぞれ詳しく見ていきましょう!

①ウユニの中心地から遠くない

まず、中心地に近い、というのは超大切なポイントです。

ウユニの町は狭いので、ほとんどの町の中のホテルが中心地にあるも同然ですが、中には人里離れた場所にあるホテルもあります。(車が必要なほど。)

ウユニの町では、ウユニツアーの予約、食事、買い物など、すべて中心地に行かなければいけないので、中心地まで歩いていける距離の宿をとりましょう。

②外国人観光客からの評判が良い

外国人のお客さんを多く受け入れている宿で、評判のいいところはハズレがありません。

ウユニは10年ほど前に観光地化が始まってから、ホテルが増えたのですが、そのほとんどが「外国人向けのホテル」と「現地人向けのホテル」に分けられます。

外国人向けのホテルは若干規模が大きく、英語が話せるスタッフがいることも(スペイン語でもジェスチャーを交えて丁寧に説明してくれる人が多いです)。日本人のバックパッカーが宿泊するのは、どちらかというと安い現地人向けの宿に泊まることが多いみたいですね。

数年前と比べるとウユニのホテルのクオリティーはかなり良くなり、現在は評判をホテル予約サイトからチェックすることもできます。事前予約できるのはほとんどが外国人旅行者向けのホテルで、しかもそのホテルは予約状況を確認するためにWi-Fiがあることが確実なので、インターネットが必要な人は事前予約できるホテルが安心です!

③部屋のセキュリティ―がきちんとしている

ウユニの多くのホテルには「セキュリティーがあまりしっかりしていないところが多い」、という問題点があります。

数年前までは、日本人バックパーカーがウユニのホテル(とくに安宿)に宿泊して、ツアーに行っている間にモノがなくなった、現金がなくなった、などいろんな話を聞きました。しかも、ウユニツアーに参加している場合は夜中に外出していたり、長時間確実にホテルにいなかったりと、セキュリティー的に不安な状況。

部屋の鍵がしっかりかかり、また貴重品用のロッカーが利用できるなど、防犯対策がしっかりしているホテルを選びましょう。(また自分で用心しておくことも大事です。貴重品は常に持ち歩く・スーツケースやバッグに鍵をかけておく、など。)

④門限がない

これは、なにげ一番大切かもしれません。

ウユニツアーは、基本的に「朝日ツアー」と「夕日ツアー」の2種類です。朝日ツアーは2:00~8:00、夕日ツアーは16:00~22:00の開催。朝日や夜空を見るために朝日ツアーに行きたくても、門限があるとツアーに参加することすらできません。

なので「門限がない」というのは超重要事項です。

ちなみに、この「門限」は小さい宿ほど決められていることが多いです。(おそらく、オーナーが夜中に安眠を妨害されないように決めているんだと思います。)安宿を利用する予定のバックパッカーは、チェックインする前に確認しておきましょう。

事前予約できるようなホテルは、ある程度の規模のところが多く、セキュリティーも安心で門限もなく、安心して早朝ツアーに参加できます。

⑤洗濯サービスがある

これも見落としがちだけど、かなり重要です!!

ウユニ塩湖に行った人は共感できると思うのですが、ウユニのツアーに参加した後は塩風に当たって毎回体中がベタベタになります。ホテルで洗濯サービスをしているところだと、ツアーに行って塩まみれになった服をすぐに洗うことができるので、とても快適に過ごすことができます!

実は、ウユニの安宿だと洗濯サービスはおろか「自分で洗濯するのも禁止」というところが少なくありません。なぜかというと、ウユニは標高3600mで万年水不足に悩まされているため、客に必要以上の水を使ってほしくないためです。

しかも、自分の町の洗濯屋さんに出そうにも、ツアーに行っている間に店が閉店してしますので、いつまでも受け取りができません…。わたしの知り合いは、どうしようもなくなって、秘密で洗濯していたところ宿のオーナーに見つかり大喧嘩になったそうで…。

最初から、洗濯サービスが頼める・もしくは洗濯OKのホテルに宿泊するのが◎です。(洗濯サービスは1kgあたり数百円とリーズナブルにやってくれます)

⑥Wi-Fiがある

もちろん、Wi-Fiはあって越したことはないです。

古い機械を使っている宿はWi-Fiが遅いこともありますが、現在はほとんどのウユニの宿がWi-Fi完備しています。

町全体が停電した時は、安宿ではしばらくWi-Fiは使えないので注意。

 

以上、ウユニの宿選びで見ておきたい、6つのチェック項目でした!

ここからは、実際にウユニにあるおすすめのホテルを紹介していきます。

ウユニのホテルランキング、ベスト3!(予算:3,500円/人~)

ここからは、ここまで話した「ウユニホテル選びの条件」すべてに当てはまっている優秀なホテルをランキングで紹介します!

「金額よりも快適に過ごすことが優先」という短期旅行者向けの情報なので、バックパッカーなど安宿(~2,000円など)希望の人は、さらに下の方で安宿も3つ紹介しているので見てみてください。

それではランキングを紹介します。

第1位:ホテル・ハルディネス・デ・ウユニ(Hotel Jardines de Uyuni)

ホテル ジャルディネスは、「立地よし(中心地)、清潔、スタッフが丁寧で英語もOK」と、すべてが完璧なホテルです!ウユニの町のホテルの中では最も高級なホテルの一つですが、「少し値が張ってもいいから、快適に滞在したい」という人には一番おすすめ!また、部屋のセキュリティーもしっかりしているので安心です。Wi-Fiもしっかりつながるし、ホットシャワーの出もよく、また朝食もとっても美味しいです。ホテルの隣にあるレストランは、ウユニでは珍しく(?)とっても美味しいので、ぜひ滞在中に食事してみてください!(ボリビアの物価では高いけど、日本の感覚では格安です。)部屋の中は、広々としていて清潔で、アメニティーも揃っていて、ボリビアらしい土の壁でモダンなデザインになっていてとても可愛いです。
おすすめ度
清潔度
立地
予算 8,500円/部屋~。(1人あたり4,000円程度)
繁忙期は約12,000円/部屋~。

Booking.comで見るホテルズドットコムで見る

第2位:クリスタレス・ホヤス・デ・サル(Cristales Joyas De Sal)

クリスタレス・ホヤス・デ・サルは、最近(2018年・秋)できたばかりのとても新しいホテルです!やはり新築なので部屋も共有スペースもとても清潔で、設備も新しく、快適に過ごすことができます!(おそらく現時点でウユニで最も新しい中級ホテルです。)嬉しいのは、ウユニの町の中では珍しいほどに安定した無料Wi-Fiがある点と、朝食も料金に含まれている点!英語のできるスタッフがいるので、スペイン語が苦手な人でも安心です。中心地まで、歩いて10~15分と少し離れていることを考え「第2位」にしましたが、ホテル自体のクオリティーとしては第1位のホテル ジャルディネスを同じくらい素晴らしいです!
おすすめ度
清潔度
立地
予算 6,500円/部屋~。(1人あたり3,200円程度)
繁忙期は約11,000円/部屋~。

Booking.comで見る 

第3位:カサ・デ・サル(Casa de Sal)

ここ「Casa de Sal」は、その名の通り塩でできたホテル!!ホテルのロビーや部屋など、いたるところに塩を使った家具があり、内装も素敵です。もともとウユニ塩湖にあった「塩のホテル」ですが、最近新しくウユニの街の方にもできたのがココ。とてもモダンで美しいデザイン・ホテルで、「塩のホテルに泊まる」という貴重な体験ができることで大人気です。立地もよく、また清潔で日本人観光客の評判も上々。部屋は清潔で広々しており、館内のいたるところにフォトジェニックなスポットがある楽しいホテルです!ホテルのスタッフもとても丁寧でホスピタリティーに溢れています。「塩」でできているので好みも分かれるかとは思うので第3位ですが、1位、2位に負けず劣らず素敵なホテル。塩でベタベタするということもなく、素敵な宿泊経験になると思います^^
おすすめ度
清潔度
立地
予算 6,500円/部屋~。(1人あたり3,200円程度)
繁忙期は約9,000円/部屋~。

Booking.comで見る

おすすめの安宿(予算:1,000円/人~)

  • 「ホテルほどの予算はない…。」
  • 「もう少し、安い宿希望。」

…という人向けに、おすすめのウユニの安宿情報も2つ紹介します!すべて、キャンセル無料&朝食付きの値段です。参考にどうぞ。

①オステル・ラ・ロカ・ウユニ(Hostal “La Roca” Uyuni)

オステル ラ ロカ ウユニ.

コスパのとってもいい安宿です!この価格でこのクオリティーは、なかなかないのでは?飛び込みで行っても空いていない可能性が高いので、事前予約がおすすめ。

おすすめ度
清潔度
立地
予算 2,000円/部屋~。(1人あたり1,000円程度)

Booking.comで見る

②ピエドラ ブランカ バックパッカーズ ホステル(Piedra Blanca Backpackers Hostel)

バックパッカーズ向けのシンプルな部屋です。共有スペースが広々しているので、そちらでのんびり過ごす時間の方が多いかも。

おすすめ度
清潔度
立地
予算 4,500円/部屋~。(1人あたり2,200円程度)

Booking.comで見る

③エウカリプタス・ウユニ(Eucalyptus Uyuni)

Eucalyptus Uyuni

中心部から少し(徒歩15分)離れていますが、予算のわりにとても綺麗で評価の高い安宿です。専用バスルーム付き。ホットシャワーもしっかり出て、Wi-Fiも早いです。

おすすめ度
清潔度
立地
予算 3,500円/部屋~。(1人あたり1,700円程度)

Booking.comで見る

 まとめ

ウユニ塩湖の夕日

以上、ウユニでおすすめのホテルについてでした!

ウユニでの宿選びは、かなり大切です。ウユニの宿は本当にピンキリですが、今回紹介したホテルはどこもかなりおすすめで評価も高い宿です。

現地で探すのもいいのですが、ウユニの町は標高が高くて(3600m。富士山なみ。)息苦しく、歩き回って探すのが体力的に大変&評判のいい宿はすぐに埋まってしまうので、ハズレを引く可能性もありリスクが高いです。(高所に慣れていない人は、高山病になってしまう危険性もあります。)

事前予約もできるので、繁忙期(とくに雨季の1月~3月)は、よさそうな宿を事前に予約しておくのがおすすめ。ほとんどの宿がキャンセル無料なので、一応押さえておく、というのも一つの手だと思います!

これからウユニに行く人にとって、最高の滞在になることを祈っています^^

こちらの記事もおすすめ