国内旅行

【御蔵島】ベストシーズンはいつ?絶対イルカを見たい人は要チェック!

御蔵島のイルカの親子

御蔵島の本当に本当のベストシーズンは、いつなのでしょうか??

御蔵島のベストシーズンは?

御蔵島のベストシーズンについて、考えなければならない要素が3つあります!

①就航率

②イルカの機嫌

③海の水温





船の就航率について

ここは、海のうねりが発生しやすい場所にあるため、海の状況によっては船が港に着けられないことも。

とくに冬の時期はかなりその確率が高く、行くのが難しいんだそうです。

ただ、こればっかりは運頼み。

しかしおそらくほとんどの観光客の目的であるイルカツアーが行われる4月末~11月の間でも、59月は、比較的安定して船をつけられるようです。

1011月はちょっと怪しいですね(-_-;)

 

こちらのブログから、月ごとの就航率を確認することができるので、チェックしてみてください。2014年 御蔵島就航率

 

やはり年ごとに確率は変わってきてしまうのですが

それでも、2014年度の6月の就航率はほぼ100

確実さを求めるのであれば、ねらい目は、6月~8月です^^

 


イルカの機嫌について

また、ドルフィンスイムのツアーにおいて最も大切なのが、「イルカの機嫌」だったりします。

「今日は人間と遊んでもいいかな~」なんてご機嫌な時には、すすんでこっちに来て遊んでくれるし、

「今日はそんな気分じゃない」という日には、シュノーケリングをしていても避けられたり、Uターンして戻っていってしまうことも。

 

なので、イルカと遊びたいならイルカの機嫌のいい日を狙う必要があります。

といっても、誰にもイルカの機嫌なんてわからないのが現実。()

 

ただし、イルカの傾向として観光案内所で貴重な情報を手に入れました。

78月のハイシーズン前に行けば、イルカがまだ人間に飽きていない可能性が高いそうです!

というのも、遊ぶのが大好きなイルカでも、何度も何度も人間と遊んでいるとだんだん飽きてくるらしく

イルカツアーに参加する人が沢山いる78月の夏休みシーズンや、それ以降は人間と遊ぶのに飽きてしまって相手をしてくれない率が高いんだそうです。

 

なので、ねらい目は7月中旬より前の時期

観光客があまりいない時期であれば、それだけイルカが相手をしてくれる可能性も高くなります^^

 


海の水温について

4月や5月上旬はやはりまだ海の水が冷たいらしいです

5月下旬や6月上旬に、黒潮が入ってきて透明度もより高く、快適な水温でイルカツアーを楽しむことができます^^

 

また、海水の温度は気温の2か月遅れといわれています。

なので、実は8月の水温よりも10月の水温の方が高かったりするんです!

御蔵島の海で快適に泳げるのは、黒潮が入る5月下旬~10月ごろまでと言えそうです。

 


それぞれのベストシーズンをまとめると、以下のようになります!

①就航率 →6月~8月

②イルカの機嫌 →4月~7月中旬

③海の水温 →5月下旬~10月

 

結果、すべて考慮したベストシーズンは…5月中旬~7月上旬!!!です^^

この時期であれば、観光客が殺到するということもないので、のんびり過ごすことができるし、船や宿、イルカツアーの予約も取りやすくなります。

 

イルカツアーは、1日にイルカツアーの船は30隻までと決まっているので、もしハイシーズンに行く場合は早めの予約をおすすめします。

ちなみに、5月中旬から6月の間は小さい赤ちゃんイルカも見ることができるので、特におすすめですよ~^^

御蔵島についての他の記事:
世界に誇る、野生イルカの楽園!!「ベストシーズンの御蔵島」はこんなに素晴らしい!
東京で、野生のイルカと遊べる!奇跡の島「御蔵島」に行ってみた