海外旅行

ダイバーの楽園「シパダン島」の行き方と、ベストシーズン

シパダン島は、世界中のいろんなポイントで潜ってきた中でも、ぶっちぎりナンバーワンのダイビングスポットです!

シパダン島の情報

シパダン島は、マレーシア・ボルネオ島の沖に浮かぶ無人島です。

こちらの記事→「全ダイバーに捧ぐ!(私が勝手に決めた)世界の絶対行きたいダイビングスポットBEST5!!

でも紹介しているように、世界中のいろんなポイントで潜ってきた中でも、個人的にぶっちぎりのナンバーワンです!

ここでのダイビング1本だけで、他の場所で20本潜っても見られないような大物や、綺麗なサンゴがどっさり見れます♪

ちなみにシパダン島は、ダイバーしか行くことが出来ない島で、しかも環境保護のため120人/日までの入場制限がかかっています。

さらにダイビングショップごとに一日に行ける人数も決められていて、その枠の争奪戦になるので、ベストシーズンには数か月前に予約が必要なこともあります。

ダイビング情報

  • 水深: 5~40m(ポイントによる)
  • 透明度:10~30m
  • 潮の流れ(カレント):強いこともある
  • 水温:26~30度
  • ダイブポイント数:12か所
  • これが好きな人におすすめ!:大物、ウォールダイビング、ドリフトダイビング
  • レベル:アドバンスを持っているダイバーが好ましい(環境保護のため)
    アドバンスを持っていない場合でも、経験本数を重視してくれるので30本ほど経験があれば大丈夫です。

また、シパダン島では、体験ダイビングは行っていないので、Cカード(ダイビングライセンス)を持っている人しかダイビングはできません。

シパダン島への行き方

日本⇒シパダンの最寄り空港

日本から行く場合の経路は、まずは飛行機で

日本クアラルンプールタワウ空港

と、クアラルンプールを経由して「タワウ空港」まで移動します。タワウ空港が最も近い空港になります。

昔は日本からタワウ空港への直行便もあったようですが、今はなくなってしまったので、長い道のりになります^^;

ちなみに、クアラルンプールタワウ空港間は、

  • マレーシア航空
  • エアアジア(LCC)

の2会社が就航しています。エアアジアが安くておススメ!

タワウ空港⇒港街「センポルナ」

タワウ空港に到着したら、タクシー、もしくは乗り合いバンに乗って、港町のセンポルナまで行きます。センポルナまでの所要時間は、約1時間です。

タワウからセンポルナまで、人数が多い場合は、事前にバンかタクシーをウェブ予約するのがいいです。

1,2人程度であれば、予約してあるピックアップのダイビング会社のバンに30リンギット程で同乗せてもらえます。(荷物がものすごく大きい場合は難しいかもですが(-_-;))

センポルナ→シパダン

「センポルナ」は、ダイビングショップや宿、レストランがたくさん集まる港町。シパダン島に行く場合は、ここを拠点にして宿泊することになります。

そして、シパダン島は、ダイビングショップが催行するツアーでないと行くことができないので、ツアーを事前予約しておきましょう。

そして、センポルナからダイビングショップのボートに乗せてもらって、やっとシパダン島に到着です!

…なかなか長い道のりですが、1度シパダン島で潜れば苦労は報われたと感じるはず!

ダイビングショップ

センポルナにたくさんのダイビングショップがありますが、シパダン島に行けるかどうかはそのショップに振り分けられたシパダンの入場許可人数と混み具合によるので、

「シパダンに行きたいけどスペースはあるか?」と聞いたうえで予約をするといいと思います。

センポルナのおすすめのダイビングショップ

私の個人的におすすめのダイビングショップは、センポルナにある「SIPADAN SCUBA」というところです。




英語・中国語・マレー語・フランス語オンリーなので、日本語ガイドはいないのですが、毎回ココで予約して、シパダン島に行けなかったことがありません。

かなりたくさんの許可人数を持っているみたいです。

他のダイビングショップだと、「許可人数1人分すら持っていない」というところもあるので、ここはすごいと思います。

 

私はいつも、「シパダン島で6本、他の島で9本、マスク以外フルレンタル、併設の宿泊ホステル(6泊分)」の、ダイビング5日間パッケージで予約しています。

少し値が張りますが、それでも満足度は最高レベルのダイビングが楽しめます♪

併設の宿泊施設も

  • 2人部屋なら約3000円/部屋(=つまり、ひとり1500円ほど)
  • ドミトリー約700円/人

って感じで、かなりお値打ちです。

ちなみに、「ダイビングだけお願いして、併設の宿泊ではなくもっと高級なところに泊まる」とかでも問題ないみたいです。

ダイビングのベストシーズン

P7254344

シパダン島周辺の海は、一年中安定した水温で潜ることができます。

ただ、6~8月の間はモンスーン期、12~2月が雨季といわれていて、特に6月後半~8月ごろは海が荒れやすいようです。

 

実際、去年は8月に行ったのですがかなり透明度が低く、びっくりしました。透明度などを考えると、3~5月が、ベストシーズンと言えそうです。

数年前に5月に行った時は、30mほどと、とても透明度が高かったのを覚えています。

まとめ

なかなか行きにくい場所にあるうえに、入場制限が設けられたことで予約も難しくなり、料金も上がり、で、最初は「なかなか面倒な島だなあ」と思っていたものの…

シパダン島でのダイビングを終えてからは、

こんなにきれいな世界が守られているのなら、保護されて本当に良かった!

と心から思いました。

やっぱり、自然のことを思うのなら、人間目線で考えてはいけないなあ、と^^

むしろ、人間がかかわりを持たないことであそこまで美しいサンゴ礁が保護されるのであれば、今ある他のダイビングスポットももっと保護されていいのにって思います。

以上、シパダン島の行き方とベストシーズンについてでした!

シパダン島について他の記事もどうぞ

個人的にココは世界一!入場制限120人の秘境「シパダン島」でダイビングしてきた

全ダイバーに捧ぐ!(私が勝手に決めた)世界の絶対行きたいダイビングスポットBEST5!!