海外旅行

世界最高のステーキを食べに、ブエノスアイレスの有名店に行ってみた

ブエノスアイレスで何よりも楽しみにしていたのが、アルゼンチン牛のステーキ!!

市内には質のいい絶品ステーキを出すお店が沢山あります。さっそく、南アメリカ大陸のベスト50に選ばれた2つのレストランに行ってきました。

まずは、La Cabrera(ラ・カブレラ)
メニューを広げると、沢山の肉の部位の名前が並んでいます。
「Bife de Chorizo (サーロイン)」、「Ojo de Bife(リブアイ)」、変わり種で「Dry Aged Beef(乾燥熟成肉)」を注文。おススメの焼き加減は、ミディアムレアだそうです。

どれも、絶品!!
サーロインは、とにかく柔らかくてジューシー!!どれも、一口目から肉のうまみが溢れてきます。

日本では、牛肉なら霜降りが美味しいとされていますが、油がだんだんクドく感じてしまう私にはここのステーキ(特にBife de Chorizo)は理想のお肉でした(゜ω゜)

次に行ったのが、Don Julio。
ここは、ブエノスアイレスに来たことのある友人に勧められ行ってみました。
頼んだのは、今回も同じくBide de ChorizoとOjo de Bife。
この二種類はアルゼンチンのステーキ専門店には絶対にある部位で、一番おいしいといわれています!ここでもミディアムレアで。

ここのお肉も、最高に美味しかった♪赤身の味がとてもしっかりしてします。味付けは塩コショウのみなのに、こんなに満足できるとは…。恐るべし、アルゼンチン牛(^O^)
残念ながら、日本ではアルゼンチン牛肉は輸入禁止されているので食べることが出来ません…本当に、ここに来ないと味わえない貴重なお肉。食べられてよかった!

このステーキを食べるためだけにアルゼンチンに来るのも、全然アリです!