台湾

【比較】台湾の圧倒的に一番安いレンタルWi-Fi。無制限で超おすすめ!

台湾のお寺の装飾

ついこの間、台湾に家族で旅行に行ってきました。

その際に使ったレンタルWi-Fiがものすごく便利だったので、借りる前に料金を比較した結果や、実際に借りた感想も含めてまとめました。

これから台湾に旅行に行く人の役に立てば幸いです♪

急いでいる人のための結論

結果だけ知りたい人も多いと思うので…。最初に発表します。

2019年の時点で一番お得に台湾用のレンタルWi-Fiが借りられるのは、「台湾データ」という会社のレンタルWi-Fiです。

台湾データ(公式ページ)1ヶ月前の予約で、10%OFFになります

ただし、当日などギリギリの申し込みは、グローバルWi-Fi←リンクから申し込みで5%オフ)がおすすめ。

台湾旅行に、現地で使える「海外レンタルWi-Fi」は必要?

台湾旅行の思い出

はい、必要です!

…というか、

あると圧倒的に便利になるので、絶対に持っていくのがおすすめ。

台湾は日本からも近く、「短期旅行」で行く人が多いと思うので、SIMカードをわざわざ買うのも面倒ですし、だからといって海外ローミングをするととんでもないデータ料金を請求されることになってしまいます。

レンタルWi-Fiは、1日1,000円くらい使用量がかかりますが、「少しの出費で便利を買う」というイメージで使うのが賢いと思います。

台湾用の海外レンタルWi-Fiwを使えば、今持っている携帯電話やスマホをそのまま台湾でも「日本にいる時のように」使うことができるので、とっても楽です♪

「海外レンタルWi-Fi」を使って台湾でできること

アイフォンを使っている人

日本と同じようにスマホを使える、という理解でOKです。なので、

  • LINEで、日本の家族や友達と連絡を取り合う
  • 写真やメールを送る
  • SNS(Facebook、インスタグラム、Twitterなど)を見る・投稿する
  • 地図アプリを使う

など、何でもできてしまいます♪

わたしも、台湾に旅行に行くときには絶対に毎回レンタルWi-Fiを持って行っています!地図アプリを見たり、調べ物をするのにとっても便利。

例えば、ある夜市に遊びにいった時に、「おすすめの出店」をさくっと調べて、地図アプリでそこまでたどり着くこともできますし、どこかの観光地に行ってお腹が減ったら近くにある評判のいいレストランや屋台を探すことも可能!

最近は、入場する際に、ウェブで出せる「観光クーポン」を見せれば入場が割引になるところもあります。

そんなこんなで、レンタルWi-Fiがあると、料金の元は十分取れるくらい、助かります!

ツアー参加でも、レンタルWi-Fiはあると便利!

観光ツアーのバス

個人旅行ではなく、ツアーで行く場合もレンタルWi-Fiがあるととても便利です。

観光地に行く前に、見所をウェブでさくっと調べておいたり、観光地で撮った写真を日本にいる家族や友達にLINEやSNSで送ったり。

また、万が一迷子になってしまった場合にも、いつでもガイドさんやツアー仲間と連絡が取れるので安心です。

普通、ツアーではレンタルWi-Fiを貸し出してくれないことが多いので、自分で用意する必要があります。

レンタルWi-Fiは、複数人でシェアできる

スマホを海外で使っている人

また、レンタルWi-Fiは1人だけでなく何人かで一緒に使うこともできます。

これがめちゃ便利。わたしもよく旅行に一緒に行く人と2人でシェアして使っています。

3,4人で使うとなると、その分データ利用料は増えるので、大きめのデータ容量のプラン(1GB/日など)にする必要がありますが、普通に使う分であれば、3人で一緒に1つのルーターを使っても問題ないです!

台湾で使えるレンタルWi-Fiの値段を、比較してみた!!

電卓

実際に比較したのは、以下の6社。

すべて、日本国内の大手海外レンタルWi-Fiの会社で、全国の空港で簡単に受け取り・返却ができます。

どれも、容量は500〜600MBの大容量。

ただし、台湾データだけは「データ無制限」で使えます!

2泊3日

グローバルWi-Fi 3,334円
イモトのWi-Fi 5,280円
エクスモバイル 2,550円
jetfy 3,590円
Wi-HO! 2,676円
台湾データ 1,770円

2泊3日だと、台湾データが最安値!「金土日」で行く弾丸の週末旅行などには、台湾データがよさそうですね。

「データ容量無制限」で、しかも「最安値」なので、正直台湾データ一択です。

なんと、一番高い「イモトのWi-Fi」の3分の1以下の価格で、それ以上のクオリティーのレンタルWi-Fiを借りることができます!

3泊4日

グローバルWi-Fi 4,446円
イモトのWi-Fi 4,860円
エクスモバイル 3,400円
jetfy 4,570円
Wi-HO! 3,388円
台湾データ 2,360円

3泊4日でも、台湾データが最安値です!

他の会社とは比べ物にならないくらい安いです。

4泊5日

グローバルWi-Fi 5,557円
イモトのWi-Fi 5,940円
エクスモバイル 4,250円
jetfy 5,550円
Wi-HO! 4,100円
台湾データ 2,950円

4泊5日でも、台湾データが最安値でした!

結論:おすすめのレンタルWi-Fiは「台湾データ

おすすめ度星5

全体的に比較してみると、台湾データが圧倒的に最安値だということがわかると思います。

台湾データのレンタルWi-Fiは、わたしも使ったことがありますが、現地でもとても安定してWi-Fiが利用できますし、コスパがめちゃくちゃいいと思います!

台湾旅行に行くときは、ぜひ、台湾データのレンタルWi-Fiルーターを持っていきましょう♪

台湾データ(公式ページ)

※ただし、台湾データは、「当日予約」ができません。

もし「急いでいる」、「明日か今日借りたい」という人は、続きを読んでください。(↓)

台湾のレンタルWi-Fi、直前予約(前日・当日ぎりぎり)の場合

急いでいる人の手

レンタルWi-Fiの「申し込み期限」に注意。

6社のレンタルWi-Fiの「申込期限」は、以下の通り!

グローバルWi-Fi 当日ぎりぎりでも予約OK!
イモトのWi-Fi 前日の17:00まで
エクスモバイル 2日前の16:00まで(福岡・新千歳は3日前の16:00まで)
jetfy 2日前の正午まで
Wi-HO! ・成田・羽田発:前日正午まで
・関西・中部:2日前正午まで
・新千歳・福岡:3日前正午まで
台湾データ ・成田:前日の17:00まで
・羽田:2日前の17:00まで
・名古屋・関西:3日前の14:00まで

というわけで…前日予約がOKなのは、以下の3社です!

  • グローバルWi-Fi
  • イモトのWi-Fi
  • Wi-Ho!(成田・羽田発)

さて、ここで3社の「直前予約」の値段を比較してみました!

レンタルWi-Fiの会社 2泊3日 3泊4日 4泊5日
グローバルWi-Fi 3,334円
(当日OK)
4,446円
(当日OK)
5,557円
(当日OK)
イモトのWi-Fi 3,780円 4,860円 5,940円
Wi-HO! 2,676円 3,388円 4,100円

というわけで、「Wi-Ho!」が直前(前日)予約の最安値です。

ただし、Wi-Ho!の予約期限は上記の表にもあるとおり、

  • 成田・羽田発:前日正午まで
  • 関西・中部:2日前正午まで
  • 新千歳・福岡:3日前正午まで

というデッドラインがあるので、もしこの期限を過ぎてしまった場合は、選択肢は実質1社のみ。(↓)

当日ぎりぎりの予約なら「グローバルWi-Fi」!

カレンダー(今日)

なんとグローバルWi-Fiであれば、当日でも予約OKです!

なので、「もうめちゃくちゃぎりぎり!むしろ今、空港に向かっている電車の中。」という人は、今のうちにグローバルWi-Fiをウェブ予約しておきましょう。

現地で予約も一応できるのですが、申込用紙を記入したり支払いをしたりといろいろと時間がかかり面倒ですし、ウェブで予約しておけばネット割りも効くのでお得です!

グローバルWi-Fi(公式予約サイト)
このリンクから申し込みで「5%OFF」+「受渡手数料無料」になります。

ただし、やっぱり割引があっても一番安いのは台湾データなので、出来るだけ台湾データを余裕を持って予約しておくのがおすすめですよ〜。

レンタルWi-Fiについて、借りる前に知っておきたいこと

申し込み前に知っておいたほうがいいことをまとめました。

借りるなら4G・500MB/日以上のスペックがおすすめ

今回比較するプランは、「スピード:4G・容量:500MB/日」です。

せっかくお金を出して借りるなら、やっぱり快適に使えた方がいいです。

「3G」のスピードだとめちゃくちゃ遅く感じますし、500MB以下だとすぐになくなってしまうこともあるので、できるだけ「4G」で、かつ容量は500MBか、3人以上で使う場合は1GB(1,000MB)を借りましょう。

(ただ、台湾データを利用する場合は、無制限なので気にしなくてOK。)

500MB/日で使えるデータ容量の例

Webサイト閲覧 1,800ページ
LINE 10,000通
Gmail 10,000通
画像付きLINE、メール 250通
地図アプリ 1,670回利用
Youtubeや動画 50分閲覧

1日に500MB使えれば、かなりいろんなことができます。動画さえ見なければ、500MBで充分です!(動画はホテルのWi-Fiで見ましょう…。)

「配送」ではなく「空港受渡」を選択しよう

空港

レンタルWi-Fiを受け取る時には、なるべく「空港で受け取る」にしましょう。

自宅に送ってもらうと余計なコストがかかる場合があるうえに、もしちょうど留守にしていて受け取りそびれたら、とても面倒なことになります…。

旅行前は何かとバタバタしていて家にいないタイミングも多いと思いますし、空港で受け取るのが楽でおすすめです。(受け取り忘れには注意!絶対に覚えておきましょう。)

レンタルWi-Fiの使い方

iphoneを使っている女の子

レンタルWi-Fiの使い方はいたって簡単。

ボタンを押すだけなので、誰にでも使えます。

  1. 台北の空港に着いてから、Wi-Fiルーターの電源を入れる
  2. Wi-Fiルーターに記載してある「ID」と「パスワード」を、スマホの[設定アプリ]→[Wi-Fi]から入力
  3. スマホにチェックマークが出たら、接続完了!

 

レンタルWi-Fi以外の方法(ローミング、フリーWi-Fi、SIMカードなど)と比較。

レンタルWi-Fiのほかには、以下のような選択肢があります。

  1. 海外のデータローミングを利用する
  2. 街の中のフリーWi-Fiを使う
  3. 現地でSIMカードを購入する

しかしこれらの選択肢は、ちょっと不便な面もあるんです。

①海外データローミングは高すぎる!却下。

海外データローミングは、一番お手軽なので利用する人も多いのですが、実はめちゃくちゃ料金が高いんです。

具体的には、台湾に旅行した場合、一日980円かかります。(しかもデータ制限も30MBとかまで…少なすぎて話にならない!!)データ量を増やすと、1980円…。なので、高すぎて却下。

日本の空港から飛び立つ際には、必ずスマホの設定から「データローミング」機能を「オフ」にしておきましょう。

データローミング設定が「オン」になってしまっていると、現地(海外)に行った際に、勝手に現地の電波に自動接続してしまいます。

そして、メールの受信、アプリのアップデートが自動的に行われて、「帰ってきてから携帯会社の請求に衝撃を受ける(いわゆるパケ死)」…なんてことになります。

わたしは一度このミスを侵し、海外にデータローミング「オン」で3泊4日→22,300円の追加請求をいただきました。( ノД`)

最近のiPhoneでは、データローミングは最初から「オフ」になっているので大丈夫だと思いますが、飛び立つ前に一応確認しておきましょう。(「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」で見られます。)

というわけで、海外データローミングは高すぎるので却下!!です。

②街中のフリーWi-Fiを使うのは、不便

「街の中のフリーWi-Fiを拾いながら、頑張ってインターネットを使う」、という方法もあります。

が!これ、かなり不便です( ノД`)

カフェでは使えても、移動中には一切インターネットが使えないので、地図を見たり、行き先を検索したり、と行ったことができません。

Wi-Fiを得るために、わざわざ用事もないのにスタバやマックに駆け込んだり、ウロウロとフリーWi-Fiを探したり…しかも、適当なWi-Fiに繋ぐとウイルスに感染する可能性があり、とっても危険です。

ホテルのWi-Fiは安全なので使うとべきですが、「フリーWi-Fiだけに頼る」のはやっぱり効率が悪いし不便。「レンタルWi-Fi」か「SIMカード」を利用しましょ〜!

③現地でSIMカードを購入する

これは、わりとおすすめな方法です。

SIMカード利用のメリット

一番のメリットは、安いこと。

5日間で1,000円程度(5GB分)で使えるので、かなりお得です!(↓)

SIMカード利用のデメリット

しかし、デメリットもあります。

  1. SIMフリーの携帯電話を持っている必要がある
    SIMカードを使うには1つ絶対の条件があります。それがコレ。(普段使っているiPhoneでは、特別に「SIMフリー化」していないと使えないです。)
  2. みんなで「シェアして使う」ことができない
    SIMカードだと端末に差し込んで使うため、「一人しか使えない(1端末でしか利用できない)」んです。みんなで行って、1人しかインターネット使えないのはかなり微妙です。
  3. 普段使っているLINEアカウントは使えない
    スマホ(端末)が違うため。新しいアカウントなら作れます。
  4. 容量制限があり、スピードも遅いことがある
    一応、かなり容量は大きめなのですが、3Gになった時の遅さが尋常じゃない…。

なので結論としては、

短期の観光旅行(3〜5日)であれば、レンタルWi-Fiがおすすめ。

今回最安値だった台湾データは、容量が無制限だし、1日590円で、みんなでシェアできるので、2人以上の旅行であればとっても便利です。

それに、レンタルWi-Fiなら同じスマホを使うだけなので、「LINE」やその他SNSが使えるのも嬉しい。(日本にいる感覚で、家族や友達に連絡を取れます。)

わたし的には、何人かで一緒に旅行することを考えると、結果的にSIMよりレンタルWi-Fiの方が楽だと思う派です。

※逆に、「ひとり旅」や「出張」で行くのであれば、SIMカード利用は大いにアリ。

SIMフリー端末を持っている人は、ぜひ検討してみてください。

 

まとめ:台湾用のレンタルWi-Fiは格安で借りよう!

台湾の九份

以上、台湾用の海外レンタルWi-Fiルーターの料金比較でした。

海外レンタルWi-Fiルーターの値段は、国によって全然違いますし、会社によっても(比較して明らかなように)全然違います!

(わたし自身、以前、グアムに行った時にWi-Fiルーターの値段を比較したときは、違う会社が一番安かったです!)

ただ、やっぱり台湾データは台湾に特化している分、安いしデータも無制限で、無敵ですね。

また、あまり広告も出していない分、かなり割安で利用できるようです!

今回比較した結果をまとめると…

予約する時期 最安値の会社
~前日正午 台湾データ
当日予約の場合 グローバルWi-Fi

ってかんじです!!

また、SIMカードなどとの比較では、レンタルWi-Fiの便利さが「何人かで旅行に行く時」に発揮されることがわかりました。

わたしも、自分だけの一人旅ではSIMを利用し、家族旅行や友達同士では、レンタルWi-Fiを使うようにしてます。

そして、台湾に行くときに借りるレンタルWi-Fiは、容量無制限の「台湾データ」一択です!!(ここほど安い&コスパいいところは、他にない!)

この記事が、これから台湾に遊びに行く人の役に立てば幸いです♪

台湾データ(公式ページ)1ヶ月前の予約で、10%OFFになります