日常のお悩み

冬、寒さで耳が痛くて辛い…(>_<)原因と解決方法は?

冬になると、耳が痛い。

風の強い日や冷え込んだ日には、外に出ると耳が中耳炎のようにジクジクと痛みます。

冬が厳しい季節には、外出が億劫になるほどにツライんです。特に、外を走っていたり、自転車に乗った時などには耳の奥がズキズキして、下手すると頭痛が始まることも。

このままでは、冬に引きこもりになってしまう!!!と思い、自分のためにこのナゾの現象の原因と解決策を探してみました。

この耳の痛さには、名前がある!

調べてみたところ、まず、この耳の痛さにはちゃんとした名前があることがわかりました。

それが、「寒冷頭痛」。

別名、「アイスクリーム頭痛」とも呼ばれています。

アイスクリームやかき氷を一気に食べると、頭の奥がキーーーンと痛くなったことはありませんか?あの頭痛のことです。

実は、外気で冷えて痛くなる症状はあの時の頭痛と同じ種類もものなんだそうです。

耳が痛くなる原因は??

つぎに、耳だけが異常に痛くなる原因を探してみました。

すると、耳の毛細血管が非常に細いのが根本の原因になっているということがわかりました。欠陥が細いから、流れる血液の量が少ない→冷えやすくなるんだそうです…。

これは、指先が冷えやすいのと同じ原理ですね!

そして、ここからが痛みが始まる原理。

冷えたままだと、血行障害によって組織が破壊される恐れがあります。

登山家の人が「凍傷」で指を切断しなければいけなくなることがあるのは、寒さで指に血液が渡らなくなり、その結果指の組織が死んでしまったからですね。

耳も、冷えきったまま(=血液が渡らないまま)では凍傷になってしまいます。

なので、わたしたちの体のなかでは自己防御的に自律神経反射が起こり、頑張って血管を広げてより多くの血液を流し込もうとしはじめます。

この血管を広げる時に痛みを起こす成分も一緒に出てしまい、その結果、炎症が起こって腫れたり痛みを感じるようになるんだそうです。

つまり、この痛みは…わたしたちの体が、壊れかけた耳の組織を治そうと頑張っている反応だったんです。

これは「寒さアレルギー」?

この仕組みを知ると、耳の痛みは「アレルギー反応」にも似ているような気がします。

アレルギーとは、

ある物質の摂取・接触などの結果起こる、その物質に対する異常な免疫反応。即時型過敏症。

なので、「寒さの過剰摂取(?)の結果起こる、その寒さに対する異常な免疫反応」とも言えるのではないか?…と。(「異常」ってほどではないかもですが、痛すぎて通常の生活を阻害してくるレベルであればその人にとっては十分「異常」ですよね。)

「寒さアレルギー」なんて言葉は聞いたことはないですが、寒いときにすぐに耳が痛くなる人は、わたし含め、普通の人よりも寒さ耐性が弱い分気を付けた方がいいのかもしれませんね。

寒さによる肩こりが原因の場合も

寒いと血管が縮み、その結果血流が低下して肩こりになりやすいということが知られています。そういえば、冬になると肩こりがひどくなる人も多いですよね。

肩こりは、ひどくなると頭痛も伴うことが多いのですが、肩と耳は距離的にも近く、肩こりが影響して耳の奥に痛みが出る可能性もあります。

つまり、「寒い⇒肩こりになる⇒耳の痛みが起こる」という流れ。

もし、耳の痛みと同時に肩こりの症状もひどく出ている場合は、このパターンを疑ってみた方がいいかも。特に冷え性の人には多いみたいです。

調べたところ、そんな傾向のある人はこんな特徴があるということが書かれているページを見つけました。以下引用。

細・毛細血管の発達が悪い人(先天的・遺伝的なのか、ただ単に運動・栄養・発達不足なのか不明)、及び血の流れの悪い人は他の人より外気により温度を奪い去られるのが早いと思われます。

出典寒さで耳が – 医療 – 教えて!goo

つまり、冷え性の治療や改善も、解決策になりうるということだと思います!

耳が痛くなった時の対策

では、実際に寒さで耳が痛くなってしまった時には、どうすればいいのでしょうか。

結論:赤くなってきたり痛みが出始めたら、すぐに手などで温めるようにしましょう!

帰宅後すぐにお湯で手を温めてから、その手で耳を包むのも効果的です。

冬に手がものすごく冷えたときって、帰ってからお湯で手を洗うとなんともいえないジンワリした感覚がありませんか?自分の体温よりも高い温度のお湯は、即効的に冷えに効きます。

耳を直接お湯に付けるのは難しいので…

  1. お湯で手を温める
  2. 温まった手で耳を温める

とすれば、耳の痛みはだんだんやわらぎます。

外出中であれば、手をこすり合わせて温めたり、息を吹きかけたり。少し耳を温めるだけでも、かなり違います。

もし、そのまま長時間寒冷にさらし続けると…

わたしたちの体はどんどん頑張って血管を広げようとします。そして、同時に痛み物質も出続けます。

つまり、痛みは治まることはありません。

だからこそ、からだの反応を止めることを何よりも優先するべき!!なんです。

しかも、もし血管を広げても血流が追い付かなくなった場合、組織が本格的に破壊されていってしまいます。しかしその破壊に痛みは伴いません。

血流がないと、人は痛みを感じないようになっているのです。

「あ、耳が痛くなってきた…!でもほかっておけば治るでしょ。」

「ほら、痛くなくなった。よかった(ホッ)」←ってなった時が一番危険!!

最悪、知らない間に凍傷、壊死してしまいます。(汗)(日本の寒さくらいではここまで重大な事態にはならないとは思いますが)

ツボを押すのも効果的

耳の痛みに対応するツボを押すのも一時的にではありますが楽になります。

  1. 頭竅陰(耳裏から指3本分頭の方に行ったところにあるくぼみ。眼を開けたまま押します)
  2. 翳風(耳たぶの裏側)
  3. 下関の各ツボ(耳の手前の部分をよく押しもむ)
  4. 合谷ツボ(親指と人差し指の付け根の分かれ目あたり)

が効果的と言われています。

1~3は、耳の周りを自分で気持ちいい所をさすれば刺激できそうですね。

また、手の「合谷のツボ」は、顔や頭部の様々な痛みに対応する便利なツボです。

解決方法は?

①食生活や運動の頻度を見なおす

食生活を見なおすことで、冷え性がある程度改善されます。冬には体を冷やす効果のある野菜(とくに夏野菜など)は控え、冬野菜(とくに根菜など)を多めに食べるようにしましょう。

また、筋肉量が多い人は冷えにくいということはよく知られています。特に女性で運動をしていない人は、少しでも筋肉量を増やすようなにか運動をはじめてみるといいかもしれません。

インナーマッスルが鍛えられるヨガなどは、かなり代謝と血流が良くなると言われています。

②外出時に耳を保護する(ニット帽、耳あてなど)

どれだけ食生活を見なおして運動をしても、痛む人は痛みます。さきほども紹介したように、冷えやすさの原因は生活なのか遺伝なのかははっきりとはわかっていないのです。

また、痛みを伴うレベルの冷えが繰り返されるのは、毛細血管が多く繊細な組織である耳にとっても大きな負担になります。今は大丈夫でも、老後に耳が聞こえにくくなってしまったら良くないです。

生活で治せない場合は、「自分は普通よりも寒さに弱い」「寒さアレルギーなんだ」と割りきって、耳をしっかり保護するようにしましょう。

耳の保護には、市販の耳あてや、ニット帽を使うのは耳の冷え対策にとても有効です。最近は、髪の毛が崩れないタイプのものもあります。

耳が痛くなりやすい人が、冬に外で運動したい場合

耳を外気から保護すれば、血流障害は起こらず組織破壊が起こりません。

マラソン選手も冬の時期だけ耳を保護する人はいます。風がじかに当たらないと、全然違いますよ。

運動をしていて体が温まり、隅々まで血液が巡っていれば、耳にもしっかり血が通ります。温まるまでは、帽子や耳当てをしておいた方がいいかも。

ただしランニング中だと耳当てはずれ落ちてしまうので、ニット帽がおすすめです。ニット帽ならズレることもないですし、汗をかいたら洗濯もできます。

おしゃれとしてのニット帽というだけでなく、実用的な面でももニット帽は役立ちます^^

 

防寒グッズを有効に使って、快適な冬を過ごしましょう♪